藤井寺市 歯科医院、インプラント、審美歯科

歯周組織再生療法

歯周病の原因は、プラークという細菌のかたまりです。プラーク中の歯周病菌の感染により、歯の周りの組織に炎症が起きて、顎の骨などが失われていきます。
プラークは一度取り除いても、わずか数日でまた形成されます。なので、歯周病の治療では、まず患者さんに歯磨きを改善していただき、歯磨きの改善ができたら、歯ブラシでは落とせない、歯周ポケット内のプラークや歯石の除去を歯科で行います。

歯周病が軽度の場合はそれで改善することが多いですが、器具が届かないほど歯周ポケットが深くなっているのなら、歯茎を切開して、ポケットの奥にあるプラークや歯石を取り除きます。これをフラップ手術と言います。

ポケットの奥のプラークや歯石が除去されれば、炎症は治まります。
しかし、それまでに歯の周りの組織が大きく失われていれば、その後の歯の維持が難しくなります。この時、歯を支える組織の再生を目的にフラップ手術と合わせて行われるのが「歯周組織再生療法」です。

特殊な再生材料などを、組織の失われた部分に入れて再生を促す治療法で、再生には時間がかかり、組織の欠損の状態によって向き不向きはありますが、うまくいけば歯の寿命を延ばせる可能性があるのです。

歯周療法にはおもに、ジェル状の再生材料を用いる方式や、口の中の他の場所から採取した骨を移植する方式、人工の骨補填材を用いる方式、薄い膜状の材料を用いる方式、それらを組み合わせる方式があります。

ここでは、比較的シンプルな術式で使われるエムドゲインゲルを用いる方式を説明します。

①治療前
重度の歯周病になっていた状態から、患者さんの歯磨きの改善や、歯科での歯周ポケット内の歯周基本治療で可能な限りプラークや歯石を取り除き、ある程度炎症が治まっていて、歯茎の腫れが引いてはじめて、「歯周組織再生療法」に進むことができます。

②再生療法を塗布
歯茎を切り開いてめくり、歯の根を露出させてから、外から行う歯周基本治療だけでは、ポケットが深くて除去し切れなかったプラークや歯石を、内側からも徹底的に取り除きます。
その後、再生材料が付着しやすいように歯の根の表面を処理してから、エムドゲインゲルを塗布します。シリンジでジェルを歯の根の下から上へと塗りつけます。

③治療後
歯茎を元通りの位置に戻して縫合します。歯茎とあごの骨、歯の根のあいだのスペースにはほどなく血餅ができますが、この血餅が実はとても重要です。
血餅と聞いて「ただの血のかたまりでしょ?」と思うかもしれませんが、血餅は蝶ででいうサナギのようなものです。
再生療法は、このサナギを蝶にふ化させる、つまり歯を支える組織に変化させることが目的なのです。

④組織が再生
エムドゲインゲルの作用で、歯の根に残っていた歯根膜の細胞が刺激されて、血餅が歯根膜やセメント質、あごの骨に変化していきます。
うまく再生できたか、治療の結果がわかるのは8〜9ヶ月後。歯周病になる前の状態に元通りとはいきませんが、再生したあごの骨は、2〜3年かけて成熟していきます。

治療当日から抜糸までは、治療した歯やその周りに歯ブラシを当てるのを避け、歯磨きのかわりに殺菌作用のある洗口液でケアをするようにしてください。
歯磨きができない分は、歯科でクリーニングを受け、再生中の組織に刺激を与えないように、細心の注意を払ってプラークを取り除きます。

抜糸後は、毛先の柔らかい歯ブラシで優しく歯磨きを再開していただきます。

治療後はとてもデリケートなので、抜糸が終わって歯茎が治癒するまでは食べ物をできるだけ噛まないようにしてください。

治療したところは、もともと再生療法が必要なほど歯周病が進行していた場所なので、治療の経過を見守り、歯周病の再発を防ぐには、定期的な歯科受診が何より大切です。

治療が終わったからと言って、それで歯科へ通う習慣を終わりにするのはもったいないです。治療の後も歯科との付き合いを続けて、健康を取り戻した口を長くもたせれるよう、一緒に頑張っていきましょう。

無料メール相談

みはら歯科では、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

※診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、近県以外の方のご相談はご遠慮下さい。